ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 教育・学生生活
  3. 学生生活・厚生関係
  4. 【学部生(在学生)】
    授業料免除制度

教育・学生生活

【学部生(在学生)】
授業料免除制度

令和3年度後期分授業料免除(令和3年度学部3回生以上)

 令和3年度学部3回生以上の日本人学部学生の授業料免除制度は令和2年4月から原則として修学支援新制度に移行しましたので、令和元年度以前からの在学生のうち該当する者については、現行と同等程度の免除を受けられるよう制度移行に伴う経過措置を以下のとおり実施します。

対象者

 経済的理由によって授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる者で、次のいずれかに該当する者

① 学部学生で、修学支援新制度の「給付奨学生」(支援区分が「Ⅱ」、「Ⅲ」)に採用された者
② 学部学生で、修学支援新制度の認定の効力の停止となった者(所得要件)
③ 学部学生で、修学支援新制度の申請要件を満たしていなかったため、申請ができなかった者
④ 学部学生で、令和3年9~10月に実施する修学支援新制度の「在学採用」の申請を予定している者
⑤ 令和3年4月から半年間に、主として本人の学資を負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡し、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けて納付が困難な者

 なお、申請時において、授業料滞納者又は標準修業年限を超えて在学する者は、除く。

 日本学生支援機構給付奨学金及び授業料減免申請を併せて行うこと。

 日本学生支援機構給付奨学金及び授業料減免新規申請(学部1・2回生と同じ)はこちら

 文部科学省HP(高等教育の修学支援新制度)についてはこちら

 ※上記以外で授業料免除申請をしようとする者は、学生支援課厚生担当まで問い合わせてください。

評価基準及び免除額

 令和3年度において3年次以上の学生については、これまでと同様の支援が受けられるよう、経過措置として次のとおり取り扱います。【1・2年次生には適用されません。】

 家計を評価する書類等により、これまでと同様の基準による学内選考を行い、以下の区分により判定する。

  • 全額免除
  • 半額免除
  • 1/3額免除
  • 不許可

 制度の変更により免除額が減少する学生に対し、上記の判定による免除額を上限に差額を支援するものです。経過措置を希望しない場合は、新制度での減免決定のみを行いますので、家計を評価する書類等の提出は不要です。

申請書類

 令和3年度後期 授業料免除申請書類

 ①、②以外の対象者

 (新規)大学等における修学の支援に関する法律による授業料減免の対象者の認定に関する申請書

申請期間

 令和3年9月13日(月)~10月6日(水)17時15分まで

提出先

 学生支援課厚生担当

 郵送での申請又は、窓口受付

 ※申請者は、免除・減免の可否が決定されるまでの間、授業料の納付が猶予されますので、納付しないでください。

令和3年度後期分修学支援新制度の授業料減免(令和3年度学部1・2回生)
(日本学生支援機構給付奨学金及び授業料減免申請)

対象者

 学部1・2回生で、以下の要件を満たしている者

 ① 学業等に係る基準

 ② 家計に係る基準

   進学資金シミュレーター(日本学生支援機構のページが開きます。)

 ③ その他の基準

  ・大学等への入学時期等に係る基準

   A 高等学校等を初めて卒業(修了)した日の属する年度の翌年度の末日から大学等へ入学した日
       までの期間が2年を経過していない者

   B 高等学校卒業認定試験(以下「認定試験」という。)の受験資格を取得した年度(16歳となる年
       度)の初日から認定試験に合格した日の属する年度の末日までの期間が5年を経過していない者
     (5年を経過していても、毎年度認定試験を受験していた者は含む)で、かつ認定試験に合格した
       日の属する年度の翌年度の末日から大学等へ入学した日までの期間が2年を経過していない者

   C その他、外国の学校教育の課程を修了した者など

 なお、修学支援新制度の適格認定により「廃止」となった者を除く

 文部科学省HP(高等教育の修学支援新制度)についてはこちら

申請書類

 (新規)大学等における修学の支援に関する法律による授業料減免の対象者の認定に関する申請書

申請期間

 令和3年9月上旬~10月下旬(予定)

提出先

 学生支援課厚生担当

 郵送での申請又は、窓口受付

 ※申請者は、免除・減免の可否が決定するまでの間、授業料の納付は猶予されますので、納付しないでください。

評価基準及び免除額

 給付型奨学金の対象者であることをもって、家計及び学業成績の基準を満たしたとみなすものとし、以下の区分により決定します。

  • 第Ⅰ区分(全額減免)
  • 第Ⅱ区分(2/3 額減免)
  • 第Ⅲ区分(1/3 額減免)

学業成績の基準はこちら

お問い合わせ先
奈良教育大学 学生支援課厚生担当
Tel:0742-27-9132
Fax:0742-27-9146
E-mail:service2

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.