なっきょんブログ - Nakkyon on the WEB

  • プロフィール
  • 誕生の経緯
  • グッズ

平成29年度卒業・修了式を挙行しました。

Date2018/03/23

 平成30年3月23日、奈良教育大学講堂において、平成29年度卒業式及び修了式を挙行しました。

 加藤久雄学長からは、「「教育の大学」を母校とする皆さんは、学ぶということ、教えるということ、そして、文や文章のレベルまで物事を考えるということを何よりも大切に、奈良教育大学を母校とすることに誇りをもって、歩んで行ってください。」とエールが送られました。

 卒業生、修了生の皆さん、おめでとうございます。

 本学で得られたものを生かしご活躍されることを、心よりお祈りいたします。

【卒業・修了生】

  • 教育学部 270名
  • 大学院教育学研究科 70名 (修士課程42名、専門職学位課程28名)

告示を述べる加藤学長 卒業おめでとう!
告辞を述べる加藤学長          卒業おめでとう!

■ 学長告辞


 本日、ここに、晴れの日を迎えられました奈良教育大学 教育学部を卒業される270名の皆さん、また、大学院教育学研究科を修了される70名の皆さん、誠におめでとうございます。

 ご来賓の柳澤保徳元学長先生をはじめ、後援会の清水政廣会長、柏原力副会長、また、同窓会の森康雄会長、中川克己副会長、そして、今年度退職されます福田清美教授、福光佐今教授、松川利広教授、吉田誠教授のご臨席のもと、列席の宮下理事、岩井理事、菅監事、和田副学長、佐野副学長、高橋副学長をはじめとする教職員一同とともに、皆さんのご卒業を心からお祝い申し上げます。あわせて、ご家族や関係者の皆様にも、お祝いを申しあげますとともに、本日の卒業式の日を迎えるまで、皆様よりいただきました数々のご支援に対し、心より御礼申し上げます。

 さて、皆さん、2年間、4年間、あるいは5年間、また、学部と大学院を合わせて6年間、その長さも人それぞれですが、各人の大学生活は、どのようなものだったでしょうか。

 授業や研究室でのゼミや実験では、力の限り、それぞれの学びに取り組まれたことだと思います。また、クラブやサークル、学友との学び合いにも、生涯の思い出となることがたくさん思い浮かぶのではないでしょうか。採用試験の合格を知った日が「大学生活最高の日」だったと振り返る方もおられるかと思います。また、あと一歩で単位を落としてしまったことから人生に必要な多くのことを学んだこともあったかもしれません。

 各人がそれぞれの大学生活を満喫し、様々なことに力一杯取り組んだのだと思います。そして、今日の日を迎えることができた皆さんを、私は、大変、誇りに思います。

 大学生活の思い出とともに、是非とも、一度、入学した時の自分と今の自分を思い比べてみてください。大切なことは、まわりとの比較ではありません。大切なのは、過去の自分と今の自分を思い比べることです。入学した時の自分と今の自分との違い。それは、皆さんひとりひとりの成長であり、ひとりひとりの財産です。何ができるようになったのか。どのようなことに知識や関心が高まったのか。そして、何についてより自信を持つことができるようになったのか。

 今日の卒業式・修了式の日に、是非、一度、自分を見つめ直してみてください。そして、是非、その思いを文章にしたためて未来の自分のために残してください。そして、できれば、友人同士、研究室の先生、家族の方々とその思いを共有してください。

 さて、皆さんの在学中に急速に進化し私たちの生活の中に深く入り込んできた新しいテクノロジーに、人工知能、AIがあります。お掃除ロボット、スマートフォンとつながる洗濯機、エアコン、車の自動運転など、人工知能が活躍する機械があふれ出しました。また、身近な人工知能として、スマホのSiriがあります。今、胸のポケットや鞄の中にスマホをお持ちの方は、人工知能を持ち歩いているわけです。

 私は、スマホ歴2年ほどで、使いこなしているとはとても言えません。Siriも使ったことがありませんでした。そんな私が、先日、あるきっかけで、Siriと向きあうことになりました。深夜2時過ぎに仕事を終え、Siriに「おやすみなさい」と言ってみたのです。きっと、「おやすみなさい」と返してくる思いながらです。そしたら、Siriはなんと応えたか。「あっ、もうこんな時間なのですね。おやすみなさい。」と言ってきました。なかなか、いいやつじゃないかと思わず思ってしまいました。

 Siriは、現在時刻を把握して、「あっ、もうこんな時間なのですね。」と応えたわけです。スマホには時計がついていますから、それくらいの知恵は当たり前だと思い、今度は深夜2時過ぎに、スマホという機械に向かって、「あけましておめでとうございます。」と言ってみたのです。そしたら、Siriは、今度は、ちょっと生意気でした。「お正月はもう終わったと思うのですが。」と返してきたのです。

 スマホには、カレンダーも仕組まれていますから、これくらいの知恵は当たり前。5分ほど前に、私はSiriに「おやすみなさい」と言ったのですが、こう言ったらどうなるだろうかと、「4時に起こしてください。」と言うと、Siriは、「はい、アラームを4時にセットしました。」と応えて、アラームのセット画面を表示させてきました。2年前に知っていれば、と思う機能でした。

 なるほど、人工知能は、こういうことができるのか。人工知能が発達するとなくなる職業などということが話題になっているのも、うなずけると思ったわけです。ならばと思い、「奈良にあるおいしいフランス料理屋さんは?」とたずねると、「はいこちらが見つかりました。」と、画面にお店の名前が並びました。知ってる店もあるな、などと思いながら、今度は、「奈良にあるおいしくないフランス料理屋さんは?」とたずねてみたのです。

 どうなったと思いますか?「はいこちらが見つかりました。」となって、お店の名前が画面に並んだのです。しかし、よく見てみると、先ほど「奈良にあるおいしいフランス料理屋さんは?」とたずねた時と同じ画面で、同じ店ばかりです。

 「おいしい店」と「おいしくない店」の答えが同じであるということをどう捉えたら良いのでしょうか。しかし、ネットの時代を生き抜いてきた皆さんは、ここで、Siriが何をしているか、お分かりだと思います。それは、Siriは文や文章レベルで、考えていないということです。「奈良」「おいしい」「フランス料理」「お店」といった単語を、キーワードとして検索をかけて、検索結果を答えとしているわけです。それは、あくまでも「単語」のレベルで、「おいしくない」という否定形の文構造にまで、Siriは、私の問いかけを解釈してくれていないのです。今のところ、人工知能は、文や文章のレベルまで、考えをめぐらせるのが得意ではないようです。

 このように、私たちと人工知能とのおつきあいは、現段階では、単語レベルで、大量のデータから、マッチングしたものを回答であると受け取る段階にあるわけです。ですから、上手につきあうテクニックが必要であり、皆さんはそのことも十分承知の上で活用しているのだと思います。

 しかし、ここに大きな落とし穴があります。このような段階のもの、単語レベルの段階のものと日常的におつきあいしていると、私たちはどんどん、単語レベルの思考になってしまうのではないでしょうか。また、論理というよりマッチングの発想で、物事を判断し押し進めていってしまうのではないでしょうか。

 どうか、人工知能の時代にこそ、文や文章で物事をとらえることを大切にして歩んで行っていただきたいと思います。既に、教育の世界では、知識を与えるだけの教師の役割は終わろうとしています。どれだけ知識が増えた、どれだけ暗記したかではなく、どれだけ考えたか、どれだけ理解したかが問われる時代になってきています。

 さらには、学ぶ意味は、「行動の変革」にあるとも言われます。本学は、日本に5つしかないユネスコの認めたユネスコスクールの大学です。ユネスコは、ESD、持続可能な発展のための教育を推し進めていますが、学ぶことの意味は、「行動の変革」にあると言っています。

 例えば、いくらエネルギー問題に関する知識と理解が増しても、家に帰って、こまめに電気を消すことができないのであれば、学びの意味はなく、学びは行動の変革につながらなければならないというのが、ユネスコの考え方です。

 もうお分かりだと思います。今のところ、人工知能は「考えていない」のです。単語レベルのマッチングで、ビッグデータに検索をかけて応えているだけなのです。

 しかし、これまで人間にしかできないと思われていた仕事が、人工知能の進歩によって、ロボットなどの機械に代わられようとしています。

 このような時代を生き抜いていくためには、「咲く」「桜」「春」という単語レベルから、「桜が見事に咲いた」という文のレベル、さらには、「春になって、桜が見事に咲いた。そして、みんな、新しい生活を始めた。」という文章のレベル、論理のレベルまで、自らの学びや教えを高めてください。

 「教育の大学」を母校とする皆さんは、学ぶということ、教えるということ、そして、文や文章のレベルまで物事を考えるということを何よりも大切に、奈良教育大学を母校とすることに誇りをもって、歩んで行ってください。是非、今日の日の思いを、文章にして未来の自分に残してください。

 以上、告辞とさせていただきます。

平成30年3月23日  奈良教育大学長  加藤 久雄

平成29年度入学式を挙行しました。

Date2017/04/03

 平成29年4月3日、奈良教育大学講堂において、平成29年度入学式を挙行しました。

 満開の桜の下、331名の新入生が、緊張した面持ちで奈良教育大学での新たな生活をスタートさせました。

 加藤久雄学長からは、「4年後、2年後の4月も、本日の喜びにも勝る充実感を勝ち得て欲しい。」とエールが送られました。

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 教職員一同、皆さんの本学での生活が充実したものになるよう、応援しております。

【新入生】

  • 教育学部 271名
  • 大学院教育学研究科 60名 (修士課程37名、専門職学位課程23名)

告示を述べる加藤久雄学長 宣誓する新入生代表
告辞を述べる加藤久雄学長         宣誓する新入生代表

■ 学長告辞


 本日ここに柳澤元学長先生をはじめ、名誉教授の先生方、後援会・同窓会の会長様のご臨席のもと、多数のご家族、並びに関係者の皆様にご参加いただき、奈良教育大学平成29年度入学式を挙行できますことは、奈良教育大学教職員の大きな喜びであります。

 はじめに、本日、ご入学の皆さんに、心より祝福の言葉を贈りたいと思います。皆さん、奈良教育大学へのご入学、おめでとうございます。また、ご家族や関係者の皆様にも心よりお祝い申しあげますとともに、本日、多数のご出席をいただきましたことに、お礼申しあげます。

 さて、本日、教育学部 学校教育教員養成課程 271名、大学院教育学研究科 修士課程 37名、大学院教育学研究科 専門職学位課程 23名、合計331名の新入学生を迎えることができました。あらためて、本学教職員を代表して、皆さんの入学を心から祝福し、歓迎いたしますとともに、皆さんの「学び」と「研究」に対する指導助言、大学生活に関する支援について、最大限の努力をお約束いたします。

 皆さんが本日の入学式を迎えることができましたのは、それぞれが小学校、中学校、高等学校と「学び」を積みあげてきた成果であり、ゴールでもあります。いろいろ、悩んだり、頑張っても、思うように結果が見えてこなかった日があったかもしれません。「合格」の知らせを受け取った時は、まさに「やった」という喜びと、充足感を実感されたことと思います。どうか、その思いを、一生、大切にして歩んで行ってください。

 本日、皆さんは、大学、大学院という学び舎に、自らの道の第一歩を記しました。それは、4年後の卒業、2年後の修了のあかつきには、社会人となり、自らの力で、自らの人生を切り開いていくという無限の可能性を、手に入れたことに他なりません。本学は、教育大学でありますから、教育学部の方は4年後、大学院の方は2年後、多くの方が、みごと教育の現場に、教師として巣立って行くことになるかと思います。しっかりと取り組んで、4年後、2年後の4月も、本日の喜びにも勝る充実感を勝ち得ていただきたいと思います。

 そのための学びが、本日から始まります。先ほども申しあげましたが、皆さんの「学び」と「研究」に対する指導助言、大学生活に関する支援について最大限の努力を、全教員と全職員がお約束いたします。小さな大学ならではの親密度が、うまく働くことになるかと思います。しかし、学びの主体は、皆さん自身です。そこで、皆さんに考えていただきたいことを3つほどお話しします。

 まず、皆さんに、ひとつお尋ねしたいことがあります。この1月に皆さんは、センター試験を受けたと思います。その成果をふまえ、本日、この席に座っているわけですが、来年1月、もう一度、センター試験を受けてみませんか。
 さて、今、私の提案を聞いて、皆さんは心の奥で、なんと思ったでしょうか。「絶対いやだ」「ウーン」と思った方が多いのではないでしょうか。普通は、そう思いますよね。
では、もし、センター試験の勉強なしで、来年、センター試験を受けたら、この1月の得点はキープできるでしょうか。絶対にキープできないと思う教科もあるかと思います。そして、大学に入ったのだから、「それでいいや。」と思うのが普通だと思います。私もきっとそう思うと思います。
 このことは、何を意味しているのでしょうか。英語能力の検定試験ならば、前回よりも、良い点を素直に目指します。そして、より上級の資格を獲得していきます。センター試験は、もう二度と受けることない試験、そして、センター試験で発揮した学力は、この1月までの学力なのでしょうか。
 私は、そんなことはないと考えます。センター試験の学びにも、十分、学びとしての意味があると考えます。将来、先生になる皆さんは、ぜひ一度、じっくり考えてみてください。近い将来、皆さんは、センター試験を目指す児童や生徒の前に立ち、センター試験で高い点数を目指す学びに携わるのです。試験がすんだら、どうでも良い学びに携わるわけにはいきません。

 2つ目には、大学での学びでは、今、この席で皆さんに考えていただいたように、「自分で考える」ということが、重要だということです。
 皆さんは、ヘレンケラーを知っていますね。日本には3度来ています。75歳、3度目の来日の時には、勲三等瑞宝章を叙勲されています。奈良にも来ています。奈良のホテルにも泊まり、東大寺の大仏にも行っています。ヘレンケラーと聞いて、映画や演劇のタイトルともなった「奇跡の人」というフレーズを思い浮かべた方も多いかと思います。ヘレンケラー、確かに、重い障害を乗り越えた奇跡の人かもしれません。
 さて、「奇跡の人」の原題は、「ミラクルワーカー」というものです。ここで、よく考えてみてください。原題は「ミラクルワーカー」というタイトルなのです。「奇跡のワーカー」「奇跡の働き手」。そうです。「奇跡の人」は、ヘレンケラーに奇跡をもたらした家庭教師のサリバン先生のことなのです。
 大学の学びでは、このように当たり前のこと、素朴なことにも疑問を持って、自分で調べることが重要な意味を持ちます。また、教師を目指す皆さんは、自分で考え、調べるということとともに、ミラクルワーカーと呼ばれたサリバン先生のことも一度調べてみてください。

 もうひとつ、まるで空気のような存在の日本語に例をとって、お話をしましょう。「な」と「ね」は、終助詞に分類されることは、中学2年生で勉強しました。では、「な」と「ね」は、どう違うのでしょうか。「きれいだね」と「きれいだな」はどう違うのでしょう。「ね」よりも「な」の方が少し乱暴かなと考えたかもしれません。
太郎君と花子さんが若草山に2人で登って、頂上から奈良の町を見下ろしました。
太郎君が
「きれいだね」
「きれいだな」
と言ったとき、どう違うでしょうか。

 「きれいだな」は、自分の感動の素直な表現ですね。一方、「きれいだね」には、隣にいて、同じ景色を眺めている花子さんもきっと、自分と同じように「きれい」と感じているに違いないという太郎君の気持ちが隠れているとは思いませんか。
 大学での学びは、このように既に知っていると思っていることを、もう一度考え直すことや、じっくりと自分で考えるという、発見学習、アクティブラーニングの要素が強いという特徴があります。
 さらに、教師を目指す皆さんは、子どもたちに「きれいだね」と話しかけるか、「きれいだな」とつぶやくか、その違いを常に考えながら進んでください。
 この発見学習、アクティブラーニングの学びの喜びをこの4年間、2年間に自らの学びとして体験してください。そして、全ての学びを「教育」と言うことと関連づけてください。

 日本は、子どもがどんどん減っていきます。少ない人口で、この社会を支えて行かねばなりません。11人で戦っていたチームがレッドカードの退場者が出て、10人で、いや9人、8人で戦うような状況を迎えています。
 日本の社会は、今後、ひとりひとりの役割がますます重要となっていきます。ひとりひとりを、しっかりと、はぐくむ営み、つまり、本当の意味での教育が、ますます重要となっていきます。

 本日からの皆さんの大学での「学び」には、「誰かに何かを教えるために学ぶ」「教育のために学ぶ」という特徴があります。それは、また、この社会の未来を左右する学びであります。
どうか、学ぶ喜びを知り、学び続ける教員、そして、ミラクルワーカーを目指してください。

最後に、ヘレンケラーの言葉を紹介しておきます。

 -本当の教育は知性と美しさと善良さを組み合わせたものです。
  そしてこのうち一番大切なものは善良さです。-

「ようこそ、教育の大学へ。」
「ようこそ、奈良教育大学へ。」

 本学教職員全員が、皆さんの「学び」を全力で支援します。一緒に学びましょう。皆さんの奈良教育大学での「学び」が、豊かで、充実したものになること、4年後、2年後、全員が教師の道を歩んでいることを確信して、告辞といたします。

平成29年4月3日  奈良教育大学長  加藤 久雄

平成28年度卒業・修了式を挙行しました。

Date2017/03/24

 平成29年3月24日、奈良教育大学講堂において、平成28年度卒業式及び修了式を挙行しました。

 加藤久雄学長からは、「ひとつひとつ課題を解決し、問題を乗り越え、学問・研究の場である大学で、実践に基づき真理を追究した結果を自らの誇りとして背筋を伸ばして社会への第一歩を歩み出していただきたい」とエールが送られました。

 卒業生、修了生の皆さん、おめでとうございます。

 本学で得られたものを生かしご活躍されることを、心よりお祈りいたします。

【卒業・修了生】

  • 教育学部 256名
  • 大学院教育学研究科 60名 (修士課程42名、専門職学位課程18名)

告示を述べる加藤学長 卒業おめでとう!
告示を述べる加藤学長            卒業おめでとう!

■ 学長告辞


 本日ここに、柳澤元学長先生をはじめ、名誉教授の先生方、後援会・同窓会の会長様、ご臨席のもと、また、多数のご家族、並びに関係者の皆様にご参加いただき、奈良教育大学 平成28年度 卒業式及び修了式を挙行できますことは、奈良教育大学教職員の大きな喜びであります。
 教職員を代表して、本日、卒業、修了される皆さんに、心よりお祝いを申し上げます。おめでとうございます。
 また、ご家族や関係者の皆さまにも、お祝いを申しあげますともに、本日、多数ご出席いただいきましたことに感謝申し上げます。ありがとうございます。

 さて、本日、教育学部を卒業される方は256名、大学院教育学研究科を修了される方は60名、以上316名の方々が、本日の晴れの日を迎えられました。
 各人が、ひとつひとつ課題を解決し、問題を乗り越え、学問・研究の場である大学で、実践に基づき真理を追究した結果であります。そのことを自らの誇りとして背筋を伸ばして社会への第一歩を歩み出していただきたいと思います。「自分はやりとげたぞ」「やった!」という気持ちを大切にしてください。

 自らの前に立ちはだかる課題や問題の中には、自分ひとりでは乗り越えることができなかったものもあったと思います。そのような時、支えてくれた友人や家族、そして、指導してくださった先生がいたことを忘れず、自らの誇りとともに、感謝の気持ちも忘れないでください。「ありがとうございました」という気持ちも大切にしてください。

 さて、本学は、国際連合ユネスコが認めたユネスコスクールの大学であります。国連が認めたユネスコスクールの大学は、日本では5つしかありません。本学は、附属小学校、附属中学校もユネスコスクールであります。
 ユネスコが追求している教育に、ESDというのがあります。Education for Sustainable Development (持続可能な発展のための教育) であります。地球で暮らす私たちが世代や地域を越えて、どのようにしたら平和で豊かな文化を育む持続的な社会を築くことができるかということを考える教育です。

 先日、ともにユネスコスクールである奈良の小学校と和歌山の小学校が、ESDの学びをインターネットを使って発表し合いました。和歌山と奈良という離れた小学校のお友達が、インターネットでリアルタイムにつながって交流をしました。
 奈良の小学校は、川路桜の発表をしました。奈良の佐保川沿いに毎年咲く桜は、江戸時代に川路聖謨(かわじ としあきら)という奈良奉行が植えたものです。それを地域の人々が、ずっと、大切に守ってきたわけです。
 和歌山の小学校のみなさんは、環境、エコロジーについての学びを発表してくれました。電気や水、エネルギーや資源を大切にしようという学びの成果の発表でした。「私はこのように考えます」「こうしないといけないと思います」ということを、わら半紙に書いて、カメラで撮影し、リアルタイムで奈良に送ってくれたのです。

 発表の後、意見交換をしましたが、奈良のお友達から、こんな意見が出ました。女の子でした。
 「エコの発表ありがとうございました。とてもよく分かりました。でも、エコの発表でそんなにたくさん紙を使って......」と言い始めたのです。「そんなにたくさん紙を使って......」その後どのような言葉が続いたと思いますか。
 その女の子は、「エコの発表ありがとうございました。とてもよくわかりました。でも、エコの発表でそんなにたくさん紙を使っては、ダメだと思います。」とは言わなかったのです。何と言ったと思いますか。
 「エコの発表ありがとうございました。とてもよくわかりました。でも、エコの発表でそんなにたくさん紙を使って、大丈夫?」と言ってくれたのです。
 「エコの発表でそんなにたくさん紙を使って、ダメだと思います。」と意見を言っても、おかしくない場面です。しかし、「エコの発表でそんなにたくさん紙を使って、大丈夫?」の方が、素敵だと思いませんか。
 どうか、この言葉の根底にある気持ちを大切にしてください。

 私は、今日、3つの言葉について述べました。
「やったね!」「ありがとうございました」そして「大丈夫?」の3つの言葉のもつ心を大事に歩んでいってください。

 奈良教育大学は、幼稚園、小学校、中学校、高校、特別支援学校の先生を育てている大学です。教育の大学です。
 「教育」というものの根底には、
 「やったね!」
 「ありがとうございました」
 「大丈夫?」の3つの言葉があるように思います。

 「教育の大学」を母校とすることを、この奈良教育大学を母校とすることに誇りをもって、この3つの言葉と歩んで行ってください。

 以上、告示とさせていただきます。

平成29年3月24日  奈良教育大学長  加藤 久雄